採用情報社員紹介 - 02.デジタルマーケティング

やりたかった仕事に出合えた“異業種転職組”の私が、毎日充実して仕事ができる理由。

デジタルマーケター
M.K.

私は、フード業界という異業種からの中途採用です。新卒時から3年間は店舗に配属され、接客業務に従事していましたが、実は入社以来、希望はマーケティング業務でした。客層や来店傾向、キャンペーンごとの反応分析などを通して、顧客別のメッセージ開発、キャンペーンのタイミング等々を決めていく、そんな仕事にずっと“片想い”だったのです。

あるとき、当社がマーケティング関連の経験者を募集していることを知ります。マーケティングへの熱い想いは誰にも負けません、チャンスだ!と転職を決意。ずいぶん無謀ですよね(笑)
熱意が評価されたのか、まったくの未経験にもかかわらず採用、今はデジタルマーケティングの部署で働いています。

担当しているのは、主にWebサイトのアクセス集計です。ページごとのアクセス数、メルマガからの誘引率などを計測、分析、レポート化する仕事です。事業会社でのマーケティング業務と広告会社でのそれとは違う要素も多いですが、今後はデータをもとに現状の課題や問題点を洗い出し、より良いソリューション提案ができるスキルを身につけることが目標です。

マーケティングも、デジタルのことも、それほど知識がなかった私が毎日充実して働けるのは、先輩や上司からの手厚いOJTのおかげです。デジタル空間だけでなくリアルな現場を知ることの大切さに気付かせていただくなど、人材育成を第一にする社内環境には心から感謝しています。広告会社というと、専門知見がないと厳しいというイメージを持たれがちですが、この仕事が好きという想いがあれば、当社は十分に成長していける環境が用意されています。異業種転職組の私が保証しますよ!

※内容は取材当時のものです。

CONTACT

ページトップ