採用情報社員紹介 - 03.メディア

放送局やスタジオ、ロケ現場を飛び回る日々。自分の携わった番組がオンエアされたときの喜びは格別です。

メディア局ラジオ・テレビ部
D.T.

前職では地方のラジオ局の本社営業をしており、2016年2月にアイプラネットへ転職しました。現在はメディア局ラジオ・テレビ部の部員として働いています。転職のきっかけは「地方の放送局ではできないような大きい仕事がしたい」という想いからです。そしてエージェントを通じてアイプラネットを知り、ナショナルクライアントを多く持ち、また、今度は放送局ではなく広告会社で働きたいと思っていた僕の希望にピタリと一致したことから転職を決意しました。

ラジオ・テレビ部での僕の主な仕事は、放送局への企画考案、メディアプランニング、CM等のスケジュール管理、放送局とクライアントとの調整役など多岐に渡ります。1日の流れも日によってさまざまです。クライアントに営業と共に企画提案しに行ったり、放送局にお邪魔して打ち合わせをしたり、CM制作や番組収録に立ち会ったり、ときにはスタジオやロケ現場まで足を運ぶことも。同じ業界とはいえ、これまで自分が身を置いていた放送局と広告会社では立場がまったく異なるため最初は戸惑うこともありましたが、もともとテレビやラジオが好きでこの世界に飛び込んできた人間ですので楽しみながら頑張っているところです。そんな楽しさを最も実感できるのは、やっぱり自分の携わった番組を観たり聴いたりした瞬間ですね。自分の働きがカタチになることは、この仕事の最大の醍醐味だと思います。

また、仕事に全力で取り組める働きやすい環境にも感謝しています。部全体でひとつの案件を動かすときもみんなでしっかりと情報共有しながら取り組めますし、尊敬できる上司や先輩もたくさんいます。就職や転職でこの業界を目指す方はたくさんいると思いますが、当社の働きやすい環境は大きなポイントだと思いますね。

※内容は取材当時のものです。

CONTACT

ページトップ